ノビコの備忘録

実家は遠方、夫は激務。おまけに緑内障も患う、家事が苦手なワーキングマザーの家事・子育て・節約・投資の工夫や苦労を綴る備忘録です。

【ブックレビュー】「リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門」

最近金持ち父さんシリーズにはまっている私。

www.nobiko-biboroku.com

 

金持ち父さんシリーズの著者、ロバート・キヨサキの奥様であるキム・キヨサキが書いた「リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門」を読んでみました。

 

何より、「人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!」というサブタイトルに、ものすごく共感してしまいました。
 

経済的自由度とは

まず、キムは友人たちに以下のことを教えます。
  •  自分の貯金やすぐ現金化できる資産の金額を、1ヵ月の支出で割って、今すぐに仕事を辞めて収入が途絶えたとき、何か月くらせるか計算してみる。
  • その期間が長ければ長いほど、経済的に自由であるといえる。
  • 貯金などのほかに毎月入ってくるお金があれば、経済的自由度はあがる。
  • 毎月入ってくる金額が1ヵ月の支出の金額を上回れば、経済的自由度は無限になる。
  • 経済的自由度が低いと、不本意でも誰かの言うことをきかなければならない場面が増える。

確かに、毎月入ってくるお金があるといいですよね。

私のメインの投資は投資信託ですが、投資信託の王道は長期保有で売却差益(キャピタルゲイン)で儲けるというものなので、投資で稼いでいるという感覚がないのですよね。

(※分配金のある投資信託もありますが、分配金のあるものは効率が悪いです。ここでは詳細は省きますが、基本的には選ぶべきではない商品です。)

そこで、インカムゲインとして毎月の利息収入が入ってくるソーシャルレンディングに興味を持ったのですが、ラッキーバンクの行政処分の事件があり、顔面に氷水をぶっかけられた形です。

 

www.nobiko-biboroku.com

 

経済的自由度は、(すぐ現金化できる資産の額)÷(1ヵ月の支出)=仕事をやめて何か月暮らせるか、として計算できるということですが、資産の額が増えなくても、生活の質を下げずに、生活の支出を減らせれば、経済的自由度があがりますよね。

保険の解約や格安SIMなどで固定費を削減していっていますが、他に無理なく削れる支出がないか検討していきたいです。

 

投資家として成功するためには 

それから、この本には、投資家として成功するために必要なキーポイントがいくつか挙げられていますが、まとめるとこんな感じになるのかなと思います。

  • よく勉強する。勉強し続ける。
  • 好きなもの・関心があるジャンル、自分に近いもの投資をする。
  • 小さく始める(少しの資金で始める)。小さく失敗して学ぶ。

 

ラッキーバンクの件は、私には必要な失敗だったのかもしれません(まだ、元本が返ってこないとは決まっていませんが)。

幸い、少額で始めていたので、元本が返ってこないことになっても被害は僅少にすみます。

昨年から、maneoで調子よく投資ができていたので、少し調子に乗っていたところがありました。

もっと利率の高い業者にも投資しようかな~とウキウキと各業者のサイトを眺めていました。

ラッキーバンクの行政処分後は、主にネットにはなりますが、業者の信頼性についての情報収集をより一層行うようになりました。

ただ、ソーシャルレンディングの仕組み自体は、とても面白いと思うので、もう少し業界の動向や今後の規制の在り方を注視していきたいです。

 

著者のキムが実際にやっている投資は、不動産メインとのことですが、不動産は金額も大きいので敷居が高いですね。

不動産は嫌いではありませんが、自分の近所でとなると、都内になります。

都内に私の経済力で買える物件はない気がします・・・。