ノビコの備忘録

実家は遠方、夫は激務。おまけに緑内障も患う、家事が苦手な高齢出産ワーキングマザーの家事・子育て・節約・投資の工夫や苦労を綴る備忘録です。

【掃除】コープデリのリユースモップが私の生活と性格にぴったりで手放せないという話

生協(コープデリ)の、リユースモップダスターのサービスを愛用中です。

ほこり取用のモップやダスターを4週間に1回取り換えてくれる、要はダスキンみたいなサービスです。

これが、本当に便利で手放せません!

目次

 

レンタル料

私が使っているのは、

ハンディモップ1枚(750円+税/4週間)

ダスター2枚セット(550円+税/4週間)

合計で1300円+税ですが、金額には保証金が含まれており、モップやダスターを返却するとその都度各200円返ってくるので、実質的にはあわせて900円+税ですね。

取り扱う生協によって、多少お値段は違うようですが、多くの生協で取扱いがあるようです。

あと、モップは、初回に柄の部分を購入する必要があります。

良い点1:返却期限がある。

ほこり取りならば、クイックルワイパーやその他の使い捨てもあるではないか、という声が聞こえてきそうです。

確かに、そうなんですが、そういう使い捨ての商品だと・・・

私のようなズボラはなかなか掃除しないのですよねー。

その点、リユースのモップやダスターなら、返却期限が決まっているので、

「ちゃんと使ってから返さないともったいない」

というケチ心

「キレイなまま返したら掃除してないと思われちゃう」(←事実なんですが)

という見栄で(一体誰に見栄を張っているのでしょうか・・・)、

返却までにはある程度掃除しようという強制の契機になってくれています。

おかげで、うちのホコリは、目に見えて減ったように思います。

また、吸着剤がついているので、使い捨ての商品などよりホコリが取りやすく、掃除がしやすいです。

良い点2:受け渡しに在宅が不要。

ダスキンみたいなサービスならダスキンでいいじゃないかと言われそうですが、ダスキンは私には不便で。

なぜなら、ダスキンは使用済みのモップ等と取り換えのモップ等の受け渡しが必要だから。

基本的には担当者が自宅まで交換にくるようです。

日中は基本的に仕事で家にいませんし、夜はワンオペでおふろや寝かしつけなどをしているので、持ってきてもらっても玄関に出られないことが多いです。

週末は出かけることも多いです。

何より、毎月受け渡しのためにあれこれ気を回さないといけなくなるのは面倒です。

ダスキンにも郵送での返却などが可能な商品もあるようですが、私の使いたい商品には対応しておらず。

郵送費が別途かかるとしたら、それも嫌ですね。

ダスキンも、代理店や担当者によっては柔軟な対応をしてくれるところもあるのかもしれませんが、。

その点、コープデリのモップは、注文した他の生協の品物と一緒に玄関先に置いて行ってくれますし、返すときも、生協の箱を返すのと同様に玄関先においておけば持って行ってくれます。

支払いも、もちろんコープの他の商品と同じように払えます。

とても便利です!

他に、同様のサービスで、受け渡しが不要のサービスがないかも調べてみたのですが、そもそも、家庭用のこういったサービスが他にあまり見つからないです。

コープデリを切れない!

このように、私のズボラで見栄っ張りな性格と、直接の受け渡しが難しい生活スタイルにぴったりなため、とても愛用しています。

コープデリの子育て割引が近々改悪されるので、コープデリを切ることも考えていました。

www.nobiko-biboroku.com

ですが、他にリユースモップの代替サービスを見つけられなければ、なかなかコープデリを切ることは難しくなってきました・・・。