ノビコの備忘録

実家は遠方、夫は激務。おまけに緑内障も患う、家事が苦手な高齢出産ワーキングマザーの家事・子育て・節約・投資の工夫や苦労を綴る備忘録です。

【悲報】ラクマがサービスダブル改悪。販売手数料の有料化とラクマパック利用可能額の引き上げ。

ラクマから、5/15、5/16とサービス改悪のお知らせが相次ぎましたね。

 

これまで無料だった販売手数料が有料になり、かんたんラクマパック利用可能額が引き上げになります(涙)。

 

販売手数料導入の概要

販売手数料:3.5%

手数料がかかるのは、以下のいずれかに該当する場合

  • 2018/6/4(月) 10:00以降に出品した商品
  • 2018/6/4(月) 09:59までの出品で、支払い完了が6/11(月)以降の商品

 

詳しくはこちら(ラクマお知らせブログ)

2018-05-15から1日間の記事一覧 - ラクマお知らせブログ

 

これはショックです。

3.5%っていうのも中途半端ですね。計算もしにくいです。

 

ラクマでの出品・購入を始めた感想としては、売れ行きや品ぞろえの点からはラクマはまだまだメルカリには及びません。

 

システム的には、ラクマにはメルカリよりも便利だなと思う点も少なくないのですが(これはまた別の機会にまとめたいと思います。)、販売手数料がかからないというのが一番のメリットだったといえます。

いずれは販売手数料を取るんだろうなとわかってはいましたが、まだちょっと早かったんじゃないの?という気もしています。

 

最終的にはメルカリと同じ10%までは引き上げがなされるでしょうから、さっさと断捨離を進めて、ラクマで売れる分はどんどん売っていきたいと思います。

 

ラクマパック利用可能額の引き上げ

これまでのラクマパック利用可能額
  • 宅急便コンパクト 販売価格530円以上
  • 宅急便 販売価格1500円以上
2018/5/28(月)11:00~のラクマパック利用可能額
  • 宅急便コンパクト 販売価格550円以上
  • 宅急便 販売価格1550円以上

 

詳しくはこちら(ラクマお知らせブログ)

2018-05-16から1日間の記事一覧 - ラクマお知らせブログ

 

宅急便コンパクトはしかたないと思うのですよね。

そもそも送料が530円ですから。

 

宅急便については、もともと高かった利用可能額がわずかとはいえまたあがることになりました。

 

元々、販売価格1500円以上というのが、ハードルが高かったです。

不要品の処分を主たる目的としてフリマアプリを使っている私のようなユーザーは、「捨てるよりは、誰かに使ってもらえたらうれしい。送料+100円くらいで売れればいいや。」というモノがいっぱいあります。

 

ラクマパックの宅急便の総量は、60サイズ800円からの設定ですので、1000円くらいで出品できたらなと思うものも多いです。

 

そういうのは、全部メルカリに出品することになります。

メルカリ便の宅急便の送料は、60サイズ600円からの設定で、利用可能額は1000円以上です。

 

このメルカリ便の宅急便ですら、900円とかで出品できないので使いにくく思う面もあります。

(販売価格1000円未満でも、発送方法をメルカリ便にして出品すること自体は可能ですが、売れてからいざ発送しようとすると、システム的にメルカリ便が使えず、窮地に陥ることになります。)

 

メルカリ便やラクマパックの利用可能額が、もう少し下がると断捨離も進みそうなのですが。

 

ラクマにこれから登録するという方は、こちらの招待コードをどうぞ。

100Pもらえます。

GQy3c

※招待コードを使っても、あなた様の個人情報が私に知れるようなことはありません。

 

メルカリにこれから登録という方は、こちらの招待コードをどうぞ。

50~10000円分のポイントが当たるくじが引けます。

TQNANF

※招待コードを使っても、あなた様の個人情報が私に知れるようなことはありません。