ノビコの備忘録

実家は遠方、夫は激務。家事が苦手な高齢出産ワーキングマザー(専門職)の家事・子育て・節約・投資の工夫や苦労を綴る備忘録です。

夫の「もったいない」の意味が分からない

f:id:nobikonobiboroku:20201008192449j:plain

 

今日からしばらく雨が続くようですね。

 

うちの夫は、私と結婚してからもビニール傘ばっかり使っていました。

天気予報で雨が降るとわかっていても、手ぶらで出かけてビニール傘を買っていました。

 

傘立てはすぐにビニール傘でいっぱいになり、買っては捨てるの繰りかえしがもったいなくて

 

不経済だから、普通の傘を買って、必要な時はそれを使って、ビニール傘を買わないで、と何度も言いました。

 

当初は、「必要なとき買えばいい」と言っていた夫でしたが、何か思うところあったのか、それとも、私が阿修羅面怒りから阿修羅面冷血にかわりつつあったのを察知したのか、少し前に、気に入った傘を購入していました。

 

なのに。

 

朝、娘を保育園に送っていく夫が、傘立てから手にしたのはビニール傘

 

なぜ!?

 

聞いてみたところ、「(買った傘を使うのが)もったいないから」とのこと。

 

え?どういう意味?

 

本当に意味がわからなくて、私がぽかーんとしていたら、「保育園にちょっと行って帰ってくるだけで新しい傘を使うのがもったいない。もっとちゃんとした、仕事とかの時に使う。」と言います。

(夫は、密を避けるため現在車通勤。娘を送った後、自宅に戻って車に乗ります。)

 

どうしよう。全然意味が分からない。

 

傘を使う→傘が古くなる→お気に入りの傘の寿命が短くなる、という思考なのでしょうか。

 

私は、モノは使わないのがもったいないと思うのです。

 

お気に入りはどんどん使う。普段使いする。

 

使わずに家で死蔵されている方が「もったいない」と思うのです。

 

夫婦なのに、理解しあえません。。。

 

新しい傘を買ったので、ビニール傘は処分でいいかと思っていたのですが、新しい傘=とっておき用、ビニール傘=普段用なら、ビニール傘は捨てちゃダメなんですかね。

 

ガックリ。