ノビコの備忘録

実家は遠方、夫は激務。おまけに緑内障も患う、家事が苦手な高齢出産ワーキングマザーの家事・子育て・節約・投資の工夫や苦労を綴る備忘録です。

裁ちばさみを買ったらウエス作りが圧倒的にラクに。専用の道具って大事だ!

私は、不要な服やタオル、シーツなどの布類でよくウエスを作ります。

 

状態のよい服などは、フリマアプリで売ったり、自治体の寄付回収に出したりしていますが、シミや毛玉などのダメージが多いものなど、わがやで服としての天寿を全うしたと思うものは、素材を問わず、最後にウエスとして一働きしてもらってから捨てています

【目次】

 

 

裁ちばさみを買った

「ウエスを作る」といっても、ただハサミで切るだけです。

 

切るのは、普通の事務用はさみを使っていました。

裁縫は、ボタン付けや服のまつりが取れた時に少し補修するくらいで、布用の裁ちばさみは持ってなかったのです。

 

事務用はさみっも切れ味は悪くないのですが、シーツとか、夫の服とか、布が大きくなると、ちょっと大変だなーと感じることが。

 

一度、百均で裁ちばさみを買ったのですが、全然切れず。

「刃物は百均で買ってはいけない」は本当だなと思いました。

 

そこで、ちゃんとしたメーカーの裁ちばさみを買いました。

といっても、1500円くらいのリーズナブルなやつです。

 

もっと早く買えばよかった!

私が買ったのは、サイズ的には、いつもの事務用ハサミより一回り大きくなった程度の小ぶりなものです。

ですが、事務用ハサミとは全然違いました!

 

切れ味もよく、適度な大きさなので何度もチョキチョキしなくても、サクサクと切れて、あっという間に終了。

かなり感動しました。

 

ハンドメイドなどするわけでもないのに、裁ちばさみは分不相応な気がしていました。

でも、ウエス作りは、私の生活の中では、特に、断捨離の観点からとても重要なよくやる作業です。

その作業がこんなに作業がラクになるなら、もっと早く買えばよかった!

作業に向いた道具を使うのって大事ですね。

 

なぜウエスを作るのか

ちなみに、ウエスについては、「作る時間が無駄、古い布はそのまま捨てて、使い捨てには使い捨てのペーパー等を使えばよい」というお考えもあると思います。

時間や手間の観点からは、その方が正しいと思います。

 

シミや毛玉などのダメージが大きくてもう誰も着ない服でも、そのままゴミとして捨てるのは、私はちょっと気が引けるのです。

ウエスにすることで諦めがつくというか。

ウエスにする時間とウエスを使う時間をかけて、最後のお別れをしている感じですね。

 

ペーパーを使い捨てるよりはちょっとはエコかなとも思いますし。

 

炒め物をしたフライパンなどはふき取るだけでもかなりキレイになるので、油分を排水口に流さなくて済みます。これはエコですね。

 

今年は花粉が早いのかもうちょっと鼻水ヤバイのですが、花粉の季節にもTシャツなどの綿素材のウエスが大活躍します。

鼻セレブよりも鼻に優しいです!