ノビコの備忘録

実家は遠方、夫は激務。おまけに緑内障も患う、家事が苦手な高齢出産ワーキングマザーの家事・子育て・節約・投資の工夫や苦労を綴る備忘録です。

感染症の脅威。保育園児とワーママのつらい季節が本格的にやってきた。

ウイルス性の結膜炎となってしまった娘。

nobikonobiboroku.hatenablog.com

昨日眼科でもらった目薬のおかげか、単に回復してきたのかわかりませんが、目やにはずいぶん減ってきましたが、鼻水と咳がひどいので本日小児科にも行ってきました。

家では熱はそれほどでもありませんでしたが、病院で熱をはかったら、38℃を超えていました。

アデノウイルスの場合、目の症状のほか、こういう風邪のような症状もひどくなる場合が多いとのことです。

 

普段から熱が出ても38℃台くらいまでは元気そうにしている娘。

今日も日中は、食欲もあり、一緒に積み木をしたり、ままごとをしたりして楽しく過ごしていましたが、夕方から39℃近くまで熱があがるとさすがにぐったりして、母ちゃんと遊ぶどころではありません。

夕食はおにぎりもうどんもほとんど食べず、早くに寝てしまいましたが、ちょくちょく苦しそうにしながら起きます。

 

その看病をしながら、ちょうど去年の今頃(クリスマス前)も、保育園の同じクラスで何人かのお子さんが嘔吐したと聞いて、ノロウイルスの脅威にビビっているそばからうちでも嘔吐が始まり、てんやわんやだったのを思い出しました。

今日行った小児科でも、同じ保育園の他のクラスのお子さんとそのママを見かけました。

保育園児とワーママには本当につらい季節が始まりました。。。

皆様、なんとか乗り切りましょう~。